レイクの審査に通るための条件

レイクの審査に通るための条件

借り入れをするためには一定の条件を満たす必要があります。条件を満たすかどうかというのは審査で判断されることになりますから、お金を借りるためにはまず審査に通る必要があります。

 

逆に言えば審査に通ってしまいさえすれば、後は限度額の範囲内で自由に借り入れをすることが可能になります。
レイクの審査に通るためにはどういった条件をクリアする必要があるのでしょうか?

 

安定した収入

まず絶対に必要な条件として「安定した収入」があることです。

 

当たり前の話ですが、借りたお金は必ず返さなくてはいけません。レイクもボランディアではありませんから、ちゃんと返済をしてくれる人でないと貸すわけにはいかないのです。

 

ですから返済できる能力があるかどうかを審査で見極めることになります。
安定した収入がなければ同然返済能力はない、ということですね。

 

逆にこれは安定した収入さえあれば職業や雇用形態は問わないということでもあります。主婦や学生であってもアルバイトやパートでも良いので収入があれば借り入れすることができるということです。

 

収入次第で限度額が設定されるので、パートやアルバイトだと限度額も低くはなりますが、借りられないということはありません。

 

他からの借り入れ

すでにレイク以外の他の消費者金融から借り入れがあるという方はその金額も審査の対象となります。
他社からのローンがあるということはその分返済能力が落ちるのでマイナスに査定されるわけです。

 

ですが、他社からの借り入れが少しでもあると審査に通らないというわけではありません。
年収とのバランスもありますし、きちんと返済していれば問題ありません。

 

審査に通りやすい所を選びたがる傾向になる人が多いようですがそんなに甘いものでもないようです。

 

審査が甘いとはいってもそれはあくまで契約できるかどうかの話しであって、審査に通ればいくらでも借入ができるというのとは違います。
引用:審査が甘くて緩いカードローン

 

社会的信用

安定した収入があり、他からの借り入れがなくても審査に落ちてしまうケースがあります。
例えば社会的信用という部分でマイナスに審査されているということが考えられます。

 

よくあるのは収入はあるものの職業を頻繁に変えているというケース。
転職が多い方の場合なんかは収入があっても安定しているとは言いがたいですから、勤続年数が短い人は審査では不利になります。
また、きちんとした住居がないなんていうのも社会的信用はマイナスになりますね。

レイクの審査での注意点

レイクで借り入れをしたいということであれば、インターネット上で簡単に申し込みをすることができます。

 

非常に気軽に申し込みをして審査を受けることができるので、深く考えずに申し込みをする方が非常に多いかと思います。
しかしあまりに気軽に申し込みをしてしまうために審査に落ちてしまう方も多いようです。

 

一度審査に落ちてしまうと再度申し込みをするにしてもすぐに申し込みをしたのでは同じ結果になってしまいますし、せっかく申し込みをした時間も無駄になってしまいます。

 

ですから審査を受ける際には予めポイントをおさえてから申し込みをするようにしましょう。

 

ローン残高を減らそう

審査では他社からの借り入れ残高というのが重要視されています。
他からの借り入れがあるようだと審査ではマイナスになってしまいますから、可能であれば申し込みをする前に他社からのローンは返済して少しでも残高を減らしてから申し込みをするべきでしょう。

 

レイクは新生銀行のサービスということで銀行法の範囲内であるため、貸金業法の総量規制とは関係ありませんが、他社からのローン残高が多いと借り入れは難しくなります。

 

返済計画を立てよう

レイクで借り入れをしたいと考えている方は、基本的にお金に困っている方ということになるでしょう。
とりあえずお金を借りたいというのはわかりますが、その時は良くてもその後それをちゃんと返せるのかを考える必要があります。
借りる時はあっさり借りてしまいがちですが、返済は思っている以上に大変なものです。

 

ですから申し込みをする前にきちんと返済計画を立てることをオススメします。
計画を立てて返済ができそうなら問題ないでしょう。

 

本当にそのお金は必要か

借り入れをする際には自分で借りたい金額を希望して借りることになります。
ですが大きな金額を借りればそれだけ返済は大変になります。

 

借り入れをする際には本当にそれだけのお金が必要なのかどうかをよく考えてみましょう。
他の方法でなんとか都合がつくのであれば借りる必要はありませんから、まずはなんとかならないか考えましょう。
その上でもう借り入れをするしかないという状況になったら申し込みすれば良いのです。

>> レイクの審査はこちらから <<